歴史ウォーカー

歴史好きの方の旅サポート

王子神社 東京都 北区

御祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと).伊邪那岐命ま(いざなぎのみこと).天照大権現神(あまてらすおおみかみ).速玉之男命(はやたまのおのみこと)事解之男命(ことさかのおのみこと)の五柱で王子大神と呼ばれてました。

紀州熊野三社権現(本宮、那智、新宮)の御子神様の呼称で、世界遺産熊野古道には、多くの王子神が、祀られていたと言わられます。

創建は定かではありませんが源義家公が欧州征伐の時、当社の社頭にて甲冑を納め祈祷したと言わられてます、その後1322年領収豊島氏が紀州熊野三社より王子大神をお迎えして「若一王子宮」と奉斎し、熊野に習って景観を整えて王子という地名になりました。

f:id:yoshitugu1967:20210528213224j:image

戦国時代この地の領主であった後北条氏も当社をこよなく崇拝し朱印状(28貫860文)を寄せて社領安堵しております。徳川時代においては初代家康子が1591年朱印地200石を寄進して将軍祈願所と定めました。

200石は当時としては広大な社領で王子権現の名称で代々の将軍敬拝篤く江戸名所の一つになっています。

f:id:yoshitugu1967:20210528220039j:image

3代家光公は1634年新たに社団を増営、林羅山にて命じて縁起絵巻「若一王子延期」巻を造らせ寄進しました。

f:id:yoshitugu1967:20210528221524j:image

この社殿も戦火で消失し1964年(昭和39年)、1982年(昭和57年)の2回再建しました。

f:id:yoshitugu1967:20210528231248j:image

その後5代綱吉、10代家治、11代家斉公が造営修繕し、8代吉宗公は、紀州徳川家の出なので大変喜び1737年飛鳥山に桜を多く植え庶民の遊覧の地としました。

f:id:yoshitugu1967:20210528222624j:image

多くの人が今も花見に訪れています

f:id:yoshitugu1967:20210528224731j:image

槍祭りで使う神輿

 

f:id:yoshitugu1967:20210528222816j:image

東京10社の一つになっています

f:id:yoshitugu1967:20210528223210j:image

f:id:yoshitugu1967:20210528223254j:image

関神社(けづが)

f:id:yoshitugu1967:20210528223532j:image

境内に毛塚が有り床屋や、かつらなど髪の毛の神社が有ります。

f:id:yoshitugu1967:20210528223720j:image

戦火で多くが消失しましたが唯一大銀杏が残りました。

f:id:yoshitugu1967:20210528223738j:image

樹齢600年の大銀杏になります

 

 

伊予松山藩 江戸屋敷跡 松平讃岐守

1600年関が原の戦いで東軍に味方した加藤嘉明公が20万石で立藩、1627年陸奥国会津藩42万石に加増転封変わって蒲生忠知公が24万石で入封、1634年嗣子(しし)が居なく蒲生氏は、断絶し、代わり1635年松平定行が15万石で入封し明治維新まで続きました。1703年2月には、幕府からの命で赤穂浪士の10名を預かり江戸中屋敷切腹したのは有名であります。

江戸時代初期は、比較的経済は、豊かでしたが1661~1680年は、洪水、干ばつの飢饉が続きそれ以後は財政難が続きました。特に5代定英の時の享保の大飢饉の時は、死者が3500人を数えました。しかし藩士には1人の死者もでず領民への荷政を咎められ謹慎処分になりました。

このような、財政難の中12代藩主勝喜(かつよし)公は、落雷により焼失した天守を再建しています。13代勝成公は勝海舟の設計した外国船に対抗する砲台の築造や、警備などをおこないました。幕末は、親藩という立場から長州征討で先方を努め領民からの略奪、暴行、忙殺などが後の冷遇される原因になりました。14代定昭公は、藩主になるや老中に就任しましたが大政奉還の後辞職しています。1868年鳥羽伏見の戦いでは梅田方面の警備に当たり将軍慶喜公が江戸に引き揚げると聞きすぐさま帰国しました。この戦いにより朝敵として追討され城内では先代藩主勝成公の恭順派と定昭公の抗戦派が対立しましたが1月27日戦わず城を開け渡し土佐藩の占領下に置かれました。5月12日財政難の中15万両を朝廷に献上し、藩主定昭公は、蟄居、重臣も、蟄居、更迭、先代藩主勝成公を再勤させる事で松山城は返還されました。

またその後明治政府から松平から旧姓の久松に復する命が降り明治4年廃藩置県により松山県となり、後、石鉄県を経て、愛媛県編入されました。

 

松山藩江戸上屋敷

10587坪

港区西新橋3丁目

 

松山藩江戸中屋敷

20997坪

港区三田2丁目

 

f:id:yoshitugu1967:20210508050404j:image

大隈公園になります

f:id:yoshitugu1967:20210508050418j:image

早稲田大学大隈講堂になります。

松山藩江戸下屋敷

6986坪

新宿区戸塚町

f:id:yoshitugu1967:20210530150225j:image

f:id:yoshitugu1967:20210530150344j:image

松山藩江戸下屋敷

26109坪

品川区戸越2丁目(戸越公園)

 

陸奥岩城平藩 江戸屋敷跡 安藤長門守

浜通り南部は、平安時代から岩城氏が支配して関ヶ原で西軍に着いた為に領地を没収され代わりに鳥居忠政公が10万石で入城しました。父元忠公は関ヶ原前の伏見城での戦いにて家康公が3000の兵を置くと言われた所大阪方が大軍できた場合火をかけて討ち死にする為、一人でも多くの家臣を城からお連れ下さいと答えて家康公を大いに喜ばさせ深夜まで別れの盃を交わしたそうです。1800人で13日の攻防の末討ち取られましたが三河武士の鑑と称賛され最後になった伏見城の血染めの畳は、江戸城の伏見櫓の階上に置き訪れた大名達に披露され、床板は、血天井として京都の養源院、宝泉院(ほうせんいん)、正伝寺(しょうでんじ)、源光庵、瑞雲院、宇治の興聖寺に今も伝えられています。後にこの勲功が、改易を逃れ高遠藩3万石で立藩する事になりました。次に内藤政長公が7万石で入城しました。次に井上氏が3万7千石で、1747年から1758年の約10年間入城しました。次に入城したのが安藤信成公が7万石で入城、入城後藩校施政堂を創設し、藩士の子弟遠を教育して明治4年まで続きました。歴代藩主で有名な安藤信政公は、桜田門外ノ変の後、老中になり幕政を主導しましたが坂下門外の変で失脚強制隠居の上4万石に所領が削減されました。(背中に刀傷遠を受け一部の幕閣から武士として背中に傷を受けるとは武士の風上に置けないという批判、アメリカのタウンゼント、ハリスとの賄賂問題、女性問題など)

戊辰戦争では佐幕派としての地位を貫き奥羽越列藩同盟入城加入して新政府軍と戦い敗北し磐城平城は、消失しました。

f:id:yoshitugu1967:20210506235235j:image

首都高速箱崎JCの辺りになります

f:id:yoshitugu1967:20210506235214j:image

岩城平藩 上江戸屋敷

5445坪

中央区日本橋浜町3丁目

f:id:yoshitugu1967:20210509080325j:image

f:id:yoshitugu1967:20210509080350j:image

 

出光のガソリンスタンドがありました

岩城平藩 中屋敷

3237坪

中央区 日本橋牡蠣殻町1丁目

 

 

f:id:yoshitugu1967:20210505144619j:image

御茶ノ水女子大学になります

 

f:id:yoshitugu1967:20210505144634j:image

筑波大学附属中学部校にてなります

f:id:yoshitugu1967:20210505144737j:image

岩城平藩江戸下屋敷

51693坪

文京区大塚1.2丁目

 

 

稲付城 (東京 北区)

稲付城(いねつけじょう)は、戦国時代太田道灌が築城したと伝わります。扇谷上杉氏に仕えた太田道灌は力を持ち過ぎ主君、扇谷上杉氏に謀殺され孫の太田資高(おおたすけたか)が入城しました。始め扇谷上杉隆に仕えてましたが道灌の撲殺の恨みか、朝興(ともおき)公に不満を持ち宿敵北条氏綱公に通じ江戸城を奪いました。扇谷上杉氏は道灌謀殺、後継ぎの藤王丸を殺し実子朝定(ともさだ)を後継ぎにするなどして内部分裂、衰退してしまいます。

江戸城奪還に大いに貢献して所領と城将の地位を認められ後に氏綱公の娘を妻に迎え一門衆扱いされました。江戸城は、富永氏と遠山氏が城代となり、太田氏は香月亭へ配置されました。

f:id:yoshitugu1967:20210505070715j:image

稲付城の石碑になります

f:id:yoshitugu1967:20210505070803j:image

昔を忍ばせる長い階段

f:id:yoshitugu1967:20210505070909j:image

いつからあるのか小さな祠

f:id:yoshitugu1967:20210505071010j:image

f:id:yoshitugu1967:20210505071034j:image

いよいよ上に着きます♪

f:id:yoshitugu1967:20210505071200j:image

f:id:yoshitugu1967:20210505071249j:image

立派なお寺と庭園がありました

f:id:yoshitugu1967:20210505071440j:image

f:id:yoshitugu1967:20210505071510j:image

道灌の坐像が眠って居ます

しかし中が見えませんでした

f:id:yoshitugu1967:20210505071624j:image

f:id:yoshitugu1967:20210505071640j:image

境内の中です

f:id:yoshitugu1967:20210505071811j:image

f:id:yoshitugu1967:20210505071743j:image

境内の中です

f:id:yoshitugu1967:20210505071856j:image

太田氏の家紋が入ってます

 

明治神宮 (東京 渋谷区)

73ヘクタール(やく22万坪)に及ぶ広大な神域は、江戸時代初期は、肥後藩加藤氏の別邸で、1640年より彦根藩井伊氏の下屋敷となっていました。1874年井伊氏から政府に買い上げられ南豊島御料地となり明治天皇は、この地を愛し生前、昭憲皇太妃(しょうけんこうたいごう)としばしば行幸し隔雲亭という御茶屋、四阿(あずまや)をつくり池には菖蒲(しょうぶ)を植え回遊歩道を設けた美しい庭園となりました。隔雲亭は、空襲にて消失しましたが戦後復元されました。花菖蒲は、明治天皇が昭憲皇太妃の為植えたものです。6月が見頃で11.12月は紅葉が見頃です。

明治天皇により首都と定められた東京市は、即位して50年の記念行事の各種計画が進められており明治天皇崩御直後これらの施設を東京に構えるという構想が続々と唱えられ東京に天皇陵は叶いませんでした。明治天皇のご意思により京都(伏見桃山陵)に決まりましたが今度はそれ以外の記念施設を東京にという運動が起こりその中に明治天皇を祀る神社もあり実業家、渋沢栄一東京市長阪谷芳郎といった有力者による有志委員会が組織され、覚書を帝国議会に提出し可決しました。

原内相より大正天皇に上奏し、翌日口頭で裁可を受け内定しました。

国民の神社という事で、全国の青年団が延べ10万人に及び神宮造営に参加し、その勤労を称え日本青年館が建設されました。

鎮座祭は、1920年11月1日に行われ、総数50万人が参拝され、38人が死傷されました。

初代宮司は、一条実輝公が任じられました。f:id:yoshitugu1967:20210504024625j:image

明治神宮入り口になります。

f:id:yoshitugu1967:20210504024657j:image

北制札になります。

f:id:yoshitugu1967:20210504024753j:image

長い参道空気が済んでひんやりしてました。

f:id:yoshitugu1967:20210504025049j:image

f:id:yoshitugu1967:20210504025147j:image

綺麗な小川が流れてます(神橋)

f:id:yoshitugu1967:20210504025255j:image

あの清正井戸の入り口です。

コロナで中は閉まってました

f:id:yoshitugu1967:20210504025121j:image

f:id:yoshitugu1967:20210504025445j:image

f:id:yoshitugu1967:20210504025501j:image

東手水舎になります

f:id:yoshitugu1967:20210504025515j:image

 

f:id:yoshitugu1967:20210504025547j:image

外拝殿になります。

f:id:yoshitugu1967:20210504025606j:image

南神門になります。

 

護国寺 (東京 文京区)

護国寺は、1681年5代将軍徳川綱吉公が、生母桂昌院の発願によって上野国(群馬県)大聖護国寺の亮賢(りょうけん)僧正を招き開山しました。幕府直轄の高田薬園の地を提供して開山した護国寺は、桂昌院念持仏の天然琥珀如意輪観世音菩薩像を、本尊とし、号を、神齢山悉地院護国寺と称し、寺領300石を提供しました。

護国寺は幕府の祈願寺明治維新後檀家を持たない護国寺は経済的苦境に陥り境内5万坪の内東側2万5千坪を宮家の墓所(豊島岡墓地)として造られました。1873年(明治6年)明治天皇第一皇稚瑞照彦尊(わかみずてるひこのみこと)の薨去(こうきょ)を機に皇族墓地となりました。

母の明治天皇側室、葉室光子様は皇室墓地には入られず護国寺墓地如入られました。

また西側の5千坪は、陸軍墓地となり境内は、2万坪になりました。(現在は、護国寺の墓地の一角になってます)

f:id:yoshitugu1967:20210502225609j:image

護国寺の入り口人気なります

f:id:yoshitugu1967:20210502230009j:image

立派な仁王像です

f:id:yoshitugu1967:20210502230139j:image

桂昌院が寄進した水屋になります

f:id:yoshitugu1967:20210502230227j:image

f:id:yoshitugu1967:20210502232411j:image

音羽富士の入り口

f:id:yoshitugu1967:20210502232511j:image

鳥居をくぐり80歩6メートルに山頂似なります

f:id:yoshitugu1967:20210502230256j:image

不老門になります

f:id:yoshitugu1967:20210502231514j:image

多宝塔になります

f:id:yoshitugu1967:20210502234355j:image

本堂になります